2019.2.19

柏の葉キャンパスエリア全体の温度・湿度計測

AI / IoT

柏の葉IoTビジネス共創ラボ

[柏の葉IoTビジネス共創ラボ・環境ワーキンググループ]におけるプロジェクトの1つ。
 
柏の葉キャンパス周辺の温度・湿度を計測する取り組みを行っています。

■温度の利用
 地球温暖化の影響か、最近では寒暖差の激しい日が見られるようになりました。昨日まで寒かったのに、翌日は25度を超える夏日になるというニュースをよく耳にします。
 温度の変化は、私たちの体調や生活に大きく影響します。私たちが暮らす周囲の温度変化を把握して、対策していくことはこれから重要になってくるかもしれません。
 今回のイノベーションフィールド柏の葉では、私たちの身近な地域における温度の変化を計測して、どのような対策に活用できるかということに取り組んでいきます。夏場における熱中症予防、冬場の防寒対策など、様々な活用が考えています。
 
■湿度の利用
 日本は、海外と比べると湿度が高いので蒸し暑い、とよく言われます。しかし、よく耳にする湿度ですが、その活用方法や私たちの生活への影響はあまりよく知られていないのでなはいでしょうか。
 湿度は、温度と密接な関係にあります。温度が低いと空気中に含むことができる水分が少なくなります。冬場に結露がみられるのは、気温が低いために、空気中に含むことができる水分も少なくなるためにおこる現象です。一方、気温が高い夏場は、多くの水分を含むことができるため、蒸し暑く感じます。
 そのため、湿度の数値が同じでも、冬場は乾燥しているなと感じますが、夏場は蒸し暑いと感じたりします。湿度はその時々の気温に応じて同じ数字でも私たちが体で感じる感覚とは必ずしも一致しません。
 今回のイノベーションフィールド柏の葉では、温度と湿度の関係から快適さを表現したり、気温に応じた湿度を調節することで、快適さをコントロールできないかということに取り組んでいきます。

  • プロジェクトメンバー センスウェイ株式会社、三井共同建設コンサルタント株式会社、三井不動産株式会社
  • フィールド名 柏の葉の街全体
Scroll Up