2019.11.5

電動キックボード体験試乗会

AI / IoT

超少子高齢化の中、ワンマイルの移動手段が不十分であることによる買い物難民の増加や高齢者の自動車事故が課題となっていく中で、 このワンマイルを結ぶマイクロモビリティの社会実装が街の活力を維持・発展させる鍵となります。
しかし、海外で急速に成長している電動キックボードのシェアリングサービスは、日本国内では法整備が進んでいないこともあり、普及は進んでいません。

 

マイクロモビリティ推進協議会では、電動キックボードを安全に運用するための制度作りを促進し、地域での実装を目指す活動の一環として、2019年10月に開催された「柏の葉イノベーションフェス」にて、電動キックボードの試乗体験会を実施しました。
協議会参画企業3社の車体の乗り比べができる本試乗会には多くの方にお越しいただき、予想を上回る盛況で終了しました。本イベントで国内の電動キックボードの需要の確かな手応えを得た当協議会及び参画企業は、今後も国内での事業展開に向けた活動に取り組んでいきます。
※「マイクロモビリティ推進協議会」は、株式会社マイメリット、株式会社mobby ride、  株式会社Luup、 紀尾井町戦略研究所など、国内電動キックボード事業者を中心に 、新たなマイクロモビリティ技術の社会実装促進を目的として2019.5に設立されました。2019.11には、世界最大手Limeを運営するNeutron Holdingsの日本法人であるLime株式会社が協議会に参画し、協議会参画事業者が行う電動キックボード・シェアリング事業につき、利用者の安全及び事業の信頼性を確保するための基本原則及び細則を定めることを目的とした「安全ガイドライン」を発表しています。

  • プロジェクトメンバー マイクロモビリティ推進協議会
  • フィールド名 ゲートスクエア広場、およびららぽーと柏の葉北館前通路
Scroll Up