2018.12.5

病院内の人流計測による待ち時間短縮化の検討

AI / IoT

ヘルスケアWG

ライフサイエンス / メディカル

柏の葉IoTビジネス共創ラボ

プロジェクトメンバー 国立がん研究センター東病院、センスウェイ株式会社
フィールド名 国立がん研究センター東病院
目的 予約制の患者に長い待ち時間が発生している中で、院内の患者のフローのどこで滞留が起きているかを明確化する。
実施期間 全体構想:2019.春
実証実験:2019.6~2019.9
今後の展望 明確化した課題(診察前の滞留)。
プロジェクト概要 国立がん研究センター東病院に、病院内にLoRaWAN環境を構築して、個別識別タグと滞留計測器を使い、病院内の患者の行動フローの人流把握を実施。これにより、患者の滞留箇所の場所と時間帯を抽出し、待ち時間などのストレス緩和や、診察件数の増加を目指す。
メディア掲載 メディア掲載 一覧
ステージ

Scroll Up